【質問1】
 

好きな女性がいるのですが、携帯に電話しても返事がなかなか返ってきません。しかたないのでその人に「お久しぶり?元気?いろいろと大変だろうけど頑張ってね」ってメールしたら・・・

「色々とありがとうございます。今度いつかデートしてくださいね!」って返ってきました。

すっごくうれしかったのですが、これって本気で喜んでいいのでしょうか?

 
回答
 

「今度いつかデートしてくださいね!」のウラ  

1) 何か得があるなら話しくらいは聞くわよ

2) デートする気はないけど友達でいましょうね

3) 私もデートしたかったんですよ

<男女の言葉のかけひきを学びましょう>

このようなセリフのやりとりは、男性の方にも女性の方にも非常に学ぶところが多いので、今回はぜひしっかり聞いてくださいね。

このケースの場合、あなたはかなり深刻に悩んでいます。もちろんあなたは彼女のことが大好き。そしてメールアドレスも携帯番号も知っている仲なので、それなりに友達として親しい間柄です。ですが、彼女が携帯電
話でなかなか話しをしてくれないという冷たさがありながら、「デートしてください」と彼女から言ってくる矛盾に悩んでいるわけです。

あなたとしては彼女のホンネは3であると信じたいのですが、それまでの冷たさ、誠意のなさからそれを疑っています。

<彼女は悪女>

彼女は、はっきり言うとあなたの手に負える女性ではありません。その理由は、彼女はあなたに異性としての好意を持っていないにもかかわらず、これほど思わせぶりなセリフを使うことができるからです。

すでに、今まで連絡してもそれが返ってこない段階であなたとは関わりたくないという答えを出されているわけです。関わりたくない男性にこれほど思わせぶりな態度をとれるのは、彼女の魔性がゆえです。

<今度いつか・・・に隠されるホンネ>

いつか(Someday)という言い方ほどあいまいなものはありません。本当にデートする気であれば自分から誘いますし、デートの約束をしようとするものです。いつかというワードには約束をする気のなさが感じられます。

<あなたには魅力がある>

ですが、あなたに全く何のメリットも感じていないなら、デートしてくださいと言う必要はありません。あなたが彼女に何らかのメリットを与えられる人間だからこそこういう思わせぶりなセリフであなたの心をつなごうと考えているわけです。つまり、あなたは彼女にメリットを差し出すことのできる男であり、それなりの魅力があることは確かです。ですから「デートする気はないけど友達でいましょう」という2番ではないことがわかります。

<答えは1>

彼女はあなたにメリットを感じていることは確かですから、メリットがあるのなら会って話しをするくらいの気でいるわけです。あなたはうまく利用されているわけです。ですから、恋に発展する可能性はとても低いと言えます。

<男をワナにはめるセリフ>

このセリフは男性をワナにはめることができるセリフです。それは「デートしてください」というフレーズは通常憧れの人に使うものだからです。しかし、一方では今度いつかというようにデートすることを約束しないという揺さぶり
をかけられています。

男性から見ればフェアではないセリフではありますが、女性のみなさんはぜひ見習うべきセリフです。こうやって、何人もの男性を女性のまわりにたむろさせておけば、男性同士でライバル意識を燃やすため、女性の魅力が自然にアップする仕組みがあるからです。このようなセリフを言える女性はかなり手ごわいですが、手ごわい女性になりたい人はぜひ使っていただきたいセリフですね。

 

 


【質問2】
 

付き合って2ヶ月になる一つ年下の彼氏がいます。その彼が・・・

「他の女には興味ないし、俺は120%浮気しない自信がある。でも、君が怪しい行動とかとって不安になったらわからない」って言います。

彼にいつまでも私にときめいてもらって飽きられないようにしてさらに安心できる付き合いは可能ですか?

 
回答
 

「君が怪しい行動とかとって不安になったらわからない」のウラは?

1) 君が浮気したら俺もするよ

2) 捨てられたくなかったら俺の言うことを聞けよ!

3) 君のことが好きだから不安にさせないでね

はっきり言ってこのセリフ、名文句です。男性の読者の方! ぜひこのセリフをまる暗記してください。私も一度くらい言ってみたいです。

<よく聞けばすごく笑える名文句>

まず、気が怪しい行動とかとって・・・とありますが、怪しい行動って何でしょう。これは彼女の主観ではなく、彼の主観です。例えば彼が「携帯電話に3回の呼び出し音以内で出なかったら怪しい」と判断すれば、あなたが
電話に出ても怪しいと思われるわけです。あなたが友達とショッピングに出かけたとしても、それを怪しいと判断することもあるでしょう。それどころか、あなたと彼が一日会わないでいるだけでも怪しいでしょう。つまり、怪しいことなど無限に存在します。あなたの行動の全てが怪しいと言われても何にも文句が言えません。

つまり、あなたが何をしても、彼と一緒にいない時は怪しいわけですから、彼の「君が怪しい行動とかとって不安になったらわからない」は、「俺は必ず不安になるから浮気するだろう」と言っているに等しいわけです。にもかかわらず、最初に「俺は120%浮気しない自信がある」とタンカ切ってるあたりがめちゃくちゃおもしろいのです。

浮気するに違いない男が「俺は120%浮気しない自信がある」言うところが滑稽です。もし、彼が浮気を実際にしたとしても、「おまえのあの行動が怪しくて不安になったからしたんだ」と言えば、彼の主張が通ってしまいます。まさに言葉のマジック! にもかかわらず絶対に浮気しない!というのはなぜか?その辺を考えると、彼の深層心理が暴かれるのです。

<浮気しない男は束縛が強い>

男が浮気しない理由は浮気が嫌いだからではありません。タバコを吸っている人が他人に禁煙しなさいと言えないように、禁煙してほしければ自分が喫煙者であってはつじつまが合いません。これは恋愛も同様で、相手
を束縛したいと強く願う男性は「自分は浮気者」であってはならないのです。

つまり、浮気しない本当の理由は彼女をがんじがらめに束縛したいという意思の表れなのです。そのために「俺は120%浮気しない自信がある」と言うわけです。これの深層心理は「俺は120%おまえを束縛する」という
ことになります。

<彼の深層心理を暴くと・・・>

この二つをあわせて考えてみると、彼のセリフの深層心理を暴露すると、「俺は浮気をするかもしれないが、俺は120%お前を束縛するぞ」という意思の表れになります。

そうなると、

1)君が浮気したら俺もするよ
なんて甘いものではないことがわかります。君が浮気したら・・・なんて思っていません。浮気どころか俺が少しでも気に入らない行動をしようものなら・・・という態度です。ですからこれは違います。

3)君のことが好きだから不安にさせないでね
は確かにそういう気持ちはあるでしょう。しかし「俺は120%浮気しない自信がある」という強い口調と、「怪しい行動は許さない」という強硬姿勢から考えると、彼の深層心理はこんないいものではありません。不安にさせ
ないでね、ではなく、不安にさせたらただでは済ませないぞ!という感じです。もし、それをしたら、俺は浮気をする、でも別れると言っているわけではないので、「二股してやる」というくらいに聞こえます。

<独占欲の強い男のセリフ>

これらをまとめると、彼は相当独占欲の強い男性で、しかもあなたの行動の全てを束縛しようとしていることがわかります。浮気うんぬんはこの際、あまり関係ありません。そういう亭主関白な姿勢をこのようなセリフで美化
しているわけです。よって正解は2)「捨てられたくなかったら俺の言うことを聞けよ!」となります。

相当きつい脅しですね。この脅しを言えるくらいですから、あなたは彼のことを相当好きで、追っかけていて、彼もそれを十分利用して、あなたを奴隷化しようとしているわけです。だからこそあなたは彼のこのセリフの真意を察知し、不安になっているのです。事実上の関白宣言ですから。

一歳年下の彼ですが、彼の操縦はなかなか難しいですよ。でも私が男なら、一度は言ってみたいセリフです。ってゆうか男だろ!(笑)

 

 


【質問3】
 

私は某商社系会社のOLをしている25歳の女性ですが、そこの部長も課長もすごくなれなれしくて、

「いいお尻しているねえ、安産型だねえ〜」なんてことを平気で言ってくるような人たちなのです。

こういうセクハラに何か意味があるのでしょうか?

 
回答
 

「いいお尻しているねえ、安産型だねえ」のウラは?

1) 君を口説けばエッチできるかなあ?

2) もっと仲良くなりたいなあ

3) どうせお高くとまってるんだろう?

 

<セクハラの秘密は男女のアプローチにあり>

セクハラはどこの会社でも、またはサークルでも絶えないものです。しかし、男性はどうして女性にセクハラをするのか?この秘密は男女のアプローチ法に由来しています。男性が女性に性的なアプローチをどのように進めていくかを少し考えましょう。

<性的アプローチの手順>

男性が女性と肉体関係になるまでのプロセスを考えましょう。たいてい、隣に座って接近する、肩をふれあう、肩に手を回す、抱擁する、キスをする、などの順番になります。

キスまでクリアできるとそこからは胸をさわる、臀部をさわると下半身に愛撫が進み、セックスという段階になります。

<手順をふむ理由>

では、なぜ男性がこういう手順をほとんどの男性が踏むのでしょうか?不思議だと思いませんか?こんなややこしいことをしなくても、動物の交尾のようにいきなり下半身の結合をしてもいいはずなのに・・・。

その理由は女性の受け入れ状態にあります。これは実は男性が毎回、女性がどこまでを許してくれるのか?のボーダーラインを探るために行っています。つまり、嫌がらなければ次をしてもいいという課題を毎回クリアしながら性的なアプローチを進めていくわけです。もし、途中で女性が受け入れを拒否すれば、それ以上の進展はありません。

ところが、もし、最初にキスをするなど、手順を無視したアプローチを男性がしたとしたら、せっかく仲良くなれた女性に嫌われてそれっきりになってしまう恐れがあります。つまり、この男性を性的にどこまで許すのか?の主導権は女性が握っているわけで、その主導権のせいで男性はステップを踏むわけです。

<いつでも性的にアプローチしたい男性>

調査によると男性はほぼ15分に1回くらいの割合で性的な空想をすると言われており、それほど女性と性的な接触を持ちたいと、常日頃思っているということがわかります。

ところが、会社などのひと目の多いところではそういう肉体的な接近はタブーです。そうなると、言葉でアプローチをしかけるしかないわけです。髪の毛が色っぽいね、足がきれいでどきっとするよ、という軽い言葉の接近から始まり、徐々に胸やお尻など、性的なものを連想するものへとステップアップしていきます。そしてどこまで露骨に言えば相手が拒否するか?を調べれば、その女性が自分に対する性的な寛容さが判明します。最終的に「今度ホテルに行こうか?」などという露骨な表現を言っても、受け入れてくれるようなら、それは「彼女は口説ける可能性がある」と判断します。

<セクハラは診断キット>

このようにセクハラは相手が性的に自分をどれだけ受け入れてくれるのか?を判断する材料として、使われます。よって答えは

1)君を口説けばエッチできるかなあ?

となります。2、のように「もっと仲良くなりたいといなあ」というよりもう少し表現が露骨です。また、3のように「どうせお高くとまってるんだろう?」というような悪意はありません。だからこそ、女性が生理的に受け付けない人か
ら言われると、嫌悪感が起こります。セクハラの使用には十分注意しなければなりませんね。

 

このWEBサイト内コンテンツの素材の無断転載を禁じます。いかなるコピーも禁じます。 Copyright (c) 2009 N-implse Co.,Ltd. renaikagaku All Rights Reserved.