30代美人が必ず勝つ!〜30代で20代に負けない美人になるために〜   LoveMystery


20代前後が外見ではもっとも美しいはずだが・・・
 生物学的に女性がもっとも美しくなるのは20歳前後です。これは約16歳で受胎能力がピークになり、約22歳で出産能力がピークになることからそのように推測されます。
 ただし、これが推測でないことは、肉体の美しさだけが評価される風俗産業では20歳前後がもっとも人気が高く、25歳を過ぎると、その人気が低下することからわかります。
 しかし、一方では結婚平均年齢は27.2歳(2001年度調査)と、美しさが明らかに下降してから結婚します。これは女性の魅力がルックスだけで決まらないことの確かな証拠になっています。人は、自分の美しさ(モテ度)がピークのときに結婚しようと考えますので、この現象は20歳を超えてからも、美しさは上昇していくことの証拠なのです。

 つまり、人間の美しさはルックスや若さだけではなく、内面の美しさがかなり評価されることを意味します。内面を磨けば外見も見劣りしなくなる。これが今や人間界の常識です。ここでは、その内面磨きを特集したいと思います。

なぜ30代でもモテるのか?
  人間は、意識しなくても、子孫繁栄をさせたいという意識が根底にあることは事実です。若い女性との結婚は、子孫繁栄に有利だからこそ、男性は若い女性に強くひかれます。これは本能と言うやつですので逆らい難いものです。しかし、現在、夫婦1組あたりの子供の数が2人以下という現状を考えると、子孫繁栄のために若い女性と結婚する必要がなくなってきました。それよりも、むしろ重要なことは、女性の経済力があるか、または男性の働きをサポートできる精神的なゆとりがあるかということになります。経済力がなければ、子供を育てることができないからです。そうすると、わがままし放題の20歳前後の女性よりも、男性をしっかりサポートできる能力のある20代後半から30代の女性に人気が出るのは、とても当たり前な現象と言えるのではないでしょうか。
 人間の魅力は若さやルックスだけでなく、内面的なものが重視される時代に移ってきていると言えます。結婚平均年齢が年々上がっていることがその証拠です。

内面の魅力は上がり続ける
 人間は生きてくごとに賢くなっていく生き物です。内面をどのように磨けば、男性にモテるようになるか?それは「男性にモテよう」とする意欲があるうちはいつまでも上達していくものです。ですから、意欲さえあれば、60歳、70歳でも内面の美しさはアップしていきます。これは20歳前後の女性にには絶対にマネができないものです。もちろん、30代のあなたですら、50代の女性には内面の美しさは負けてしまいます。だからこそ、今、50代女性の内面の美しさを手に入れることができれば、あなたは十分に20代女性に勝てる、女性の魅力を身につけることができます。

内面の美しさの3つの法則
それでは、内面の美しさとは何か?について深く掘り下げていきましょう。ここには3つの法則があります。
1) 自立している
2) 多くの人に親切さをアピールできる
3) 男の身勝手をある程度許せる

この3つが内面の美しさの実態です。20歳前後の若い女性には、この3つのどれもできません。当然自立できていませんし、モテない男に親切にすることもできません。自分のわがままを認めさせ、男性の身勝手は絶対に許しません。
なぜならば、この3つが「自分を高く売る方法」と信じているからです。しかし、これが内面の美しさゼロの状態です。若さや美しさに男が惹かれて寄ってくるので、女王様のように振舞っていても、男が近づいてくるというおごりのために、このようにしてしまいます。
しかし、本当に自分を高く売るためには、
1、 自立していて男性の経済力にこびない姿勢
2、 モテない男性にも愛想をふりまき、男性を競合させる姿勢
3、 男の身勝手を許し、相手のために奉仕する姿勢

 を示すことができるほうが、格段にあなたの魅力がアップします。屈辱的かもしれませんが、これが内面の輝きなのです。もちろん、こうすることで男性のハートをつかめるという計算づくですが、計算することが純粋でないと思うのでしたら内面磨きをすることをすすめません。純粋なままの20歳前後の精神状態で一生を過ごすのもよいでしょう。ただし、それでは20代に負けない美を手に入れることは無理だと断言します。


誰もが、損を感じる人間とつきあいたくない(自立のすすめ)
つきあっても損だと思える異性とつきあおうとする人はいません。にもかかわらず、男性は若い女性に対して、豪華な食事をおごり、プレゼントをし、送り迎えをし、ちやほやします。これだけなら男性にメリットはなく損です。ですが、ちやほやするには理由があります。それは若く美しい女性の横にいるとときめくという得です。このときめきという得が、損よりも大きい場合、男性は若い女性をちやほやするわけです。そこにはセックスができるかもという期待感も、もちろん存在します。
公式:得−損=プラスになる
これが男性があなたとつきあいたいと思う公式です。ならば、30代でも20代に勝つためには、男性の損の部分をできるだけ小さくしてあげればよいのです。食事は割り勘、またはあなたがおごる、プレゼントを反対にしてあげる、送り迎えはさせずに自分から行くなどをすれば、男性に損がなくなります。こうすればプラスになります。計算高いと思うかもしれませんが、このプラスこそが人間の魅力であることを覚えておいてください。そのために、あなたが自立している必要があるのです。「男性に経済力を頼りたい」という意識が強すぎると、このような行動ができなくなります。

ボランティア活動ができることが内面磨きになる
 ボランティア活動は自分の心のゆとりをアピールするためのもっとも効果的な方法です。人間関係で言うボランティア活動とはモテない人、嫌われている人にこそ親切にできる精神のことを言います。つまり、あなたに言い寄ってくるモテない男(眼中にない男)全員に親切にしてあげようという作戦です。
 通常、モテない(嫌われている)人に親切にすると、自分もその人の仲間だと思われて損をするという意識があるものです。これが若い(頭の悪い)女性の考え方です。しかし実際は違います。モテない人に親切にできるあなたの心のゆとりが、あなたの美しさを際立たせるというのが真実です。
 これはあなたのファンを多く作る作戦であり、男性を嫉妬させてあなたの魅力を高く見せる強力な戦法なのです。
 例えばモテない男性があなたに近づいてセクハラまがいのことをしてきたとします。通常あなたは「私はあなたにセクハラされるほど安い女ではないのよ」と思い、相手に冷たくします。しかし、これの逆をするのです。にっこり笑って「やだ〜」と愛想を振り撒いてください。当然相手は「もしかしてぼくに気があるかも」と勘違いします。それでいいのです。このような勘違い男が3人もいれば、3人の男性があなたの魅力を宣伝してくれる広告塔になってくれるのです。3人はライバル意識を持ちますから、モテてなかろうが、嫌われている人であろうが関係ありません。宣伝広告されることが重要なのです。そうすることで、モテる男性があなたを気にかけるようになるのですから。
 ただし、モテない男性に親切にするには、少々ホネが折れます。電話がかかってきてもムゲにできませんし、うっとうしく、何度も誘われたりもするでしょう。それを頭ごなしに拒否しないことがボランティア活動になります。
公式:ボランティアはあなたの宣伝広告になる
このWEBサイト内コンテンツの素材の無断転載を禁じます。いかなるコピーも禁じます。 Copyright (c) 2009 N-implse Co.,Ltd. renaikagaku All Rights Reserved.