魅力のある人間ほど異性にモテて、恋愛では勝者になれます。しかし、この魅力とは
何なのでしょう? そこで、恋愛科学研究所では魅力とは何か?を科学的に検証し、
世の中にある迷信の信ぴょう性を検証してみたいと思います。
胸が大きい女性は魅力的である。〇or×?>
答え:× 
一般的に胸が大きいほうが男性にとって魅力的とされ、豊満なバストは男性に喜ばれると誰もが信じているようですが、実際はそうでしょうか? 人間の体型(スタイル)と魅力について調査研究を行ったウィギンズという学者によると、男性は平均的なバストの大きさを持つ女性を好むことが証明され、ただ大きければいいというものではないということがわかりました。女性のほとんどが大きなバストが欲しいと思っており、自分のバストに不満を持っていることも事実で、これは全く矛盾した願望と言えます。また、別のクラインケという学者はバストの大きさをスポンジを使って様々に変化させた女性モデルの写真を使って、男性にどのような印象を与えるかを調査したところ・・・大きなバストを持つ女性は「頭が悪い、能力が低い、のんき、不道徳」小さなバストを持つ女性は「頭がよい、礼儀正しい、能力がある、道徳的」と評価されました。そして、この研究でも、平均的なバストのモデル写真の女性がもっとも肯定的に評価されていました。このように、女性が考えているほど、男性は巨乳に魅力を感じていないことがわかります。これは胸が小さいと悩んでいる女性にとって朗報ではないでしょうか。一方、巨乳に憧れる男性は乳幼児の時期に母乳中心で育てられた人が多いという研究発表もあります。
<あまりテキパキしていない、ひ弱な女性は魅力的?>
答え:◯
社会学者ヴァイスフェルトは小学6年生の男女のドッジボールの観察からたいへん興味深い発見をしました。それによると、男女別の試合と男女混合の試合では男女の行動パターンに大きな変化が見られたのです。それまで、だらだらプレーしていた男の子は男女混合にしたとたんに急にはりきりだしました。一方、女の子の行動はそれとは裏腹に弱々しく、何もできないように逃げまどう行動に出たのです。これは女性が自分を魅力的に見せるために、男性
の前で弱々しく見せていると判断することができます。つまり、小学6年生というとても若い時期から、女性は自分を魅力的に見せるために、男性の前では弱々しく、劣位であるかのようにふるまうようです。逆に言うと、男性は何でもできる女性よりも、少し頼りないと見える女性を好む傾向があることがわかります。知っていても知らないふり、できるのにできないふりをすることは、女性にとっては武器になりえることを無意識に知っているのでしょう。
<高学歴・高収入・高身長は3高といわれ、魅力ある男性の条件のように言われていますが
これは本当でしょうか?そこで問題。背が高い男性は本当に魅力的?>
答え:×
心理学者グラシアノの調査によると、女性は絶対的に身長が高い男性を好むのではないということが判明しました。それよりも平均的な身長を持つ男性が好まれるという結果でした。身長が高ければいいというものではないようです。ただし、女性は自分よりも背の高い男性を好み、男性は逆に自分よりも背の低い女性を好むというはっきりした傾向はあるようです。また、次のようなおもしろい実験があります。大学の講議である一人の男性を学生に紹介したのですが、あるグループには教授として紹介し、違うグループには学生として紹介しました。最後に、その人の身長を推測してもらうという実験では、教授と紹介した場合は10センチも高いと推測されたのです。つまり、地位が高いと身長は実際よりも高く思われるわけです。人間は見た目ではなく、中身が重要であることがわかります。つまり、地位が高く、堂々としていれば、背の低い男性でも女性は背を高く見積もってくれるとも言えます。3高のうちの高身長は科学的には迷信と言えそうです。
<ルックスが良い女性ほど男性と交遊する回数が多くなる?>
答え:×
ルックスがよく、魅力的な女性ほど、男性と会う回数は多くなると思いきや、一概にそうとは言えないようです。アメリカの社会心理学者リースはカレッジの学生に2週間分のアンケート用紙を配り、交遊録を書かせました。すると、よりルックスがよく魅力的な男性は女性と会う機会が圧倒的に多く、同性と会う機会はあまりなかったと言う結果でしたが、女性ではそのような傾向はみられませんでした。つまり、女性の場合、外見のよさと、男性との交遊回数は何の関係もないことがわかります。むしろ、驚くべきことは男性のほうで、ルックスがよければ女性から声をかけられる回数も多く、交遊回数もぐっと上がるという事実です。「男は顔じゃない、心だよ」と一般的には言われていますが、これは全くの迷信で、むしろ地位が同じという条件なら、中身よりも外見が非常に重視されることを示しています。ルックスのいい男性、あなどりがたしです。
<眉毛を下のほうから抜いていくのは幼く見せるためである?>
答え:◯
眉毛は下の方から抜いていくという法則があるのは、そうすることで女性がより魅力的に見えるからです。では実際に、眉毛を下から抜いていくとどういう効果があるでしょう? 心理学者、ベリーは幼児の顔、形が大人にどのような特徴としてあらわれるかを調べたところ、目が大きくて丸く、眉毛が高いところにあり、顎が小さいと童顔だとみなされることを発見しました。つまり、眉毛を下の方から抜いていくと、眉が高い位置にあるように見え、幼く見える効果があることがわかります(アントニオ○木と見○晴は対照的)。また、多くの学者が童顔であることの効果を調べていますが、それらによると、人々は幼児的な顔を持つ人を積極的に助け、守る気にり、親切で感情豊かで近付きやすいと思わせる効果があるようです。女性の場合、男性にこのように思われる方が声がかかりやすくなり、恋愛戦ではかなり有利となります。女性はこの効果を知ってか知らないでか、無意識的に幼児をまねて魅力アップをはかろうとしていることがわかります。男性に守られたい女性とって、眉を下から抜くことは、まさに効果的な化粧テクニックだということがわかります。
<初対面の男性とはゆっくり時間をかけて会話した方が魅力的に映る?>
答え:×
社会心理学者のリンダーは女性の魅力を男性に判断させるという実験を行ったのですが、そのときの会話の時間をいろいろと変化させたのです。すると、会話時間が短かった場合は魅力的でなかった女性に対しても魅力的であるという評価を下したのです。つまり、人間は決断の自由と、決断のための時間を制限するとあせってしまい、理想が低下し、ぜいたくを言わなくなってくることがわかります。これと同様のことはバーの女性の魅力判定の実験でも証明されています。それによると、午後9時、午後10時30分、午前0時の異なった三つの時間で同一女性の魅力を男性に評価させると、見事に深夜になると共に魅力の評価が上がっていったのでした。このように考えると、相手に即断、即決をせまると、相手は自分の魅力を過大評価してくれることがわかります。そのときの評価の対象となるのはルックスですから、ルックスに自信のある方は特に、この方法をおすすめします。初対面で好印象を与えるためには時間制限をつけて、深夜に会うことにしましょう。
< 手や足、耳、肘などが左右対称であるほど性行動は活発である?>
答え:◯
左右対称であることをシンメトリーといい、顔も含めてより左右対称な部分を多く持つ人ほど肉体的に魅力的であるということは、みなさんも感覚的にご存じだと思います。ソーンヒルという学者はそれを一歩進めて、シンメトリーとセックスパートナーの数、およびセックスの初体験年齢の関係を調べたのです。すると、驚いたことにシメトリーな部分が多い人ほど、より若いときに性体験を持ち、より頻繁に性交渉を行っていたという結果が出たのです。この結果から考えると、シンメトリーな人ほど性的に魅力が高く、性活動も活発であるということが推測されます。これは化粧や努力で補えない指標なだけに、遺伝子の優秀さをあらわしているのではないかと学者たちに考えられています。
ニューメキシコ大学の心理学者ソーンヒルはシンメトリーと男性のある能力についての研究を行いました。男性のシンメトリーを調べるのはもちろんのことですが、104組のカップルに対し、次のようなアンケート調査を行ったのです。

1) 性的行為の際に、あなたがオルガズムに達した割合は?
2) あなたはいったふりをしますか? それはどれくらいの割合ですか?

男性はシンメトリーだけを調べられたのではなく、あらゆるステータスが調べられたのですが、女性がいく割合とどんな要素が関係しているかの結果は・・・男性の年齢とは全く関係なく、出身階層も関係なく、将来の収入も、なんと顔のよさも関係なく、関係があったのはシンメトリーだけだったのです。

これに対し、ソーンヒルは女性のおっぱいのシンメトリーの研究も行われました。スペイン人172名、アメリカ人50人の調査でした。それによると、乳房のシンメトリーと関係していたものは、産んだ子供の数と、最初の子を産んだ年齢の若さだったのです。つまり、胸が左右対称の女性ほど、早くに子供を産み、そしてたくさんの子供を産んでいたのです。たくさんの子供を産めるということは、結局、女としての質の良さ、遺伝子の優秀さを表しているのではないかと予想されるわけです。ところが残念なことに、巨乳の女性はシンメトリーではないという傾向です。だから、胸が大きすぎると男性の人気が落ちるのかもしれません。男が女のおっぱいにさわりたがるのは、シンメトリーを調べるため?!

このWEBサイト内コンテンツの素材の無断転載を禁じます。いかなるコピーも禁じます。 Copyright (c) 2009 N-implse Co.,Ltd. renaikagaku All Rights Reserved.