5月21日

誕生花:バラ(真紅)
花言葉:愛、美

あなたにとって愛と美とは?

A )愛と美は別物

B )愛は美学

C )愛も美もニセモノ(嘘、偽り)

これはあなたの審美眼力を診ています。審美眼とは、物事の真髄を見極める力のことをいいます。「愛する」という感情は、人間にもっとも必要な感情とされています。愛情とは「権力や利害にとらわれることなく、周りのものすべての存在価値を認め、尊重する人間が本来持ち得ている豊かな心情」です。ですが、原始的な本能を抱えながらモラルに縛られた人間社会で自分の欲求が上手く叶えられずにもがいているのが人間。生きている間に愛や美をどれだけ学べることができるか?が人間に与えられた使命といえるかもしれません。

A ) 魅惑の人 審美眼力 恋愛の真髄を見極めている人

あなたは今、恋愛について真剣に学んでいる人。恋する気持ちが必ずしも美しいものではないと感じているよう。もっとも、恋愛市場は男女の欲望渦巻く無法地帯。人としての魅力が試される世界。楽しいことだけでなく、リアルで生々しく辛く厳しい世界でもあります。恋愛科学では、「恋=幻」で、「愛=安定(結婚)」と「愛」と「恋」を別の定義でそれぞれ説いています。一般的には恋愛はひとつの感情と説いている定義が多いようですが、恋愛科学では「恋」とは違う「愛」を学ぶことこそ人間の使命と説いて行きます。

B ) 悟りの人 審美眼力 人間の真髄を見極めている人

あなたは今、人間の魅力とはなにか?を真剣に学んでいる人。外見を誤魔化せても、内面の美しさは誤魔化せません。己の欲望だけに捕らわれることなく、他人を敬い、理解しようとする信念を貫ける精神力こそ、人間が求めてやまない強さ。人間が人間を愛することは精神力を試される修行のようなものかもしれません。「自分をどう愛せるか」は、「自分以外の人間をどう愛せるか?」に繋がるでしょう。人を愛する姿や信念は、その人の人生美学そのもの。どう生きるか?は人間の永遠のテーマでしょうね。

C ) 孤高の人 審美眼力 社会の真髄を見極めている人

あなたは今、社会について真剣に学んでいる人。社会にはあらゆる情報が溢れていますが、正しい情報だけでなく、技術の発達により、見た目の美しささえ誤魔化せる時代になって来きました。嘘や騙しで成り立った粗悪な情報も世の中にたくさん溢れています。それらの情報を如何に見極め、正しく有効な情報だけを取り入れられるか?が、今、問われています。また、不況のあおりを受け、生きて行くことさえカツカツなため、自分のことだけで精いっぱいで人に愛情を示すことなどできない人も増えています。そんな時代だからこそ、真に愛情を示せる人が求められる世の中だと言えるでしょう。


A )魅惑な人のあなたには、こんな恋愛テクニックがオススメ!

[自ら愛するテク]:恋愛が美しくないからといって、自分までへこむ必要はありません。真の愛情とはなにか?を知っているあなただからできることが。愛をねだるより、まずは自分から愛を示し、愛ある人になりましょう。誰でも真っ先に自分が幸せになりたいもの。ですが、他人を認め、理解し、尊重する心があれば、あなたは愛されるべき人。既に自ら人に愛を与えられる力量を持っています。あなたが変われば、周りも変わります。愛する連鎖を実感するでしょう。

B )悟りの人のあなたには、こんな恋愛テクニックがオススメ!

[美学一筋テク]:あなたは既に悟りの人。テクニックを伝授する必要もないほど達観していると言えます。そんなあなたに伝えたいのは、ご自分の美学を貫いて欲しいということ。美学を貫くためには、あえて自己評価を低くしなければなりません。自分に満足してしまうとそこで成長がストップしてしまうからです。魅力が上がる可能性は無限大。常に自分に満足することなく、上を向き、自分を高めて行きましょう。

C )孤高な人のあなたには、こんな恋愛テクニックがオススメ!

[社会貢献テク]:少しでも歪んだ世の中を変えたいと思っているあなた。正義感溢れる人と言えます。その感性をぜひ社会貢献に活用して頂きたい。社会貢献は人間を理解し、尊重しなければできないこと。つまり、愛さなければできないことです。今後もその素晴らしい感性をくすぶらせることなく立派に花咲かせて行って欲しいなと思います。あなたのその熱意は、異性の心も捉えて離さないでしょう。

 

 

花&花言葉出典 : 誕生花と幸福の花言葉366日(主婦の友社)

3秒性格診断テスト&恋愛科学的「恋愛テクニック」:恋愛科学所長 荒牧佳代