5月10日

誕生花:ヤグルマソウ
花言葉:デリカシー

彼(彼女)と喧嘩してしまいました。その後は?

A ) 彼(彼女)が謝るまで待つ

B ) 自分から謝る

C ) いつの間にか仲良くなる

 これは異性への細やかな心遣い(デリカシー)度を診ています。男女が恋人同士になると、「どちらが恋の主導権を握っているか?」をめぐり、喧嘩することがあります。魅力レベルが近いもの同士だとその小競り合いは増える傾向にありますが、レベルの差があるほど優位の者が優勢に働きます。また、互いを理解し合おうと努力している細やかな心遣いのある者同士ほど喧嘩も絆が深まるキッカケとなる傾向に。

A )私が女王様(王子様) 異性への細やかな心遣い度 20%

喧嘩しても相手が折れるのを待つことができるのは、恋の主導権を握るものの特権。相手を翻弄する恋の魔術師は、悪気なくとも自分の才覚で相手をコントロールしようとします。異性を理解するというより、自分を認めさせることにいつも全力投球なのがあなた。相手に愛想つかされないようにご注意を。

B )恋の奴隷 異性への細やかな心遣い度 70%

相手が好き過ぎるだけに喧嘩しても自分からついつい謝ってしまうあなたは恋の虜。好きな相手から理不尽な要求をされてもウンといってしまう自分が情けなくもやめられない捕らわれの身。辛くても相手を理解しようと一途に自分磨きを重ねれば、異性をよく理解できる素敵な人に成長できるかも。

C )恋の上級者 異性への細やかな心遣い度 90%

感情をただぶつけるだけの喧嘩は、相手の心に深い傷をつけるだけに終わる可能性がありますが、自分のことをわかって貰いたいフラストレーション(欲求不満)のぶつかり合いで望まずも思わずしてしまった喧嘩は、相手を思えばこそ。互いを必要とする思いが強いうちは、相手を理解したいがため喧嘩も恋する気持ちを再び燃えさせるスパイスになるでしょう。


A )私が女王様(王子様)のあなたには、こんな恋愛テクニックがオススメ!

[私を好きにしてテク]:恋の優位者ほど劣位の者への思い遣りや気配りが必要。なぜなら、好かれてもあなたが相手を欲しなければ恋が続かないからです。ときにあなたが相手の望みを全面的に聞いて上げ、相手の好きなようにさせる時間をつくるのも、あなたの魅力が上がる秘訣。魅力あるあなたが相手を望むからこそ相手の価値が上がるのですからあなたの魅力でもって愛を配り相手を幸せにしましょう。

B )恋の奴隷のあなたには、こんな恋愛テクニックがオススメ!

[恋される喜びテク]:不安感や緊張感は恋の媚薬ホルモンの源。相手がいつ自分のもとから離れてしまうかわからないと怯える毎日ほど恋に盲目的に溺れてしまいます。ですが、そんな毎日を送れるはずもなく、恋焦がれるほど恋は短命に。心が粉々に壊れてしまうほど恋するより、「恋される(愛される)」喜びを与えてくれる異性を見極める力をつけることが、あなたを輝かせる最後のチャンス。ゆくゆくはあなたの魅力アップに繋がるでしょう。

C )恋の上級者のあなたには、こんな恋愛テクニックがオススメ!

[恋から愛へテク]:長い年月一緒にいても、心通い合え、信頼関係を築ける仲でいられる2人だと確信するなら、そろそろ恋を卒業し、将来を誓い合う愛へのステップを踏むときかも。それでも、結婚に対し、本能的に及び腰になるのは男性の方。そんな男性優しくリードできるのはやはり女性。強制ではなく、男性の心を包み込む細やかな心遣い(デリケートさ)をここぞというときに発揮できてこそあなたを幸せに導く鍵となるでしょう。

 

 

花&花言葉出典 : 誕生花と幸福の花言葉366日(主婦の友社)

3秒性格診断テスト&恋愛科学的「恋愛テクニック」:恋愛科学所長 荒牧佳代